チャットレディの「仕事・業務内容」とは

「チャットレディ」とは、「WEBカメラ」を利用してチャット(お話)をする仕事です。

パソコンに設置した、WEBカメラと「マイク」を通し
<画面越し>にお喋りをすることが、主な業務内容になります。

比較的新しい職種と言えるものであり、それは言うまでもなく
インターネットの発達・一般化といった、現代ならではIT技術の進歩が関わっています。

これまでにも、

  • 電話
  • メール

といったものを利用した、「女性ならではの仕事」はいくつかありましたが
現代の主流は、まさに「映像」と「音声」が組み合わさったものになります。

映像を介したチャットレディは、インターネットをして時代でなければ成り立たない存在であり
パソコン・スマホを中心としたネット環境が急速に整った昨今、爆発的に認知が進んだ職業です。

何より、「利用する男性」が劇的に増えたことで
「求人」も同時に増えていき、それと共に興味を持つ女性が増えてきました。

チャットレディの仕事内容とは、ネット回線を介した接客業であり、

  • キャバクラ
  • ガールズバー

と似たコンセプトと言えます。

  • 女の子とお喋りがしたい男性
  • 実際にキャバクラに行くのは恥ずかしい・・・

といった「男性」が、チャットレディサイトに登録し

  • 接客が好き
  • 実際のキャバクラで働くのは躊躇する・・・
  • お金を稼ぎたい!

といった「女性」と、チャットサイトを介して出会うことで成立します。

今となっては一般的な知識ですが、チャットレディのみならず
ネットを介したサービスは、利用する側(チャットサイトにおける男性)が
いわゆる「課金」をすることで、提供する側(女性)の収入につながるお金が発生します。

花道案内人
「チャットレディ」とは、まさに「<バーチャル>キャバクラ」である!

チャットレディの仕事の流れ

チャットレディサイトに登録し、働き始めた後の基本的な仕事の流れとしては

  1. 自分がチャットレディとして登録しているサイトにログインしておく
  2. 自分とお話(チャット)したい男性がアクセスしてくる(キャバクラで言うところの指名)
  3. おしゃべりをする

と、非常に単純なものと言えます。

ちなみに、男性の顔が見られるかは、相手の条件によって異なります。

基本的に自分(女性側)の様子は、相手(男性側)に見えているものですが
「カメラ越しにお互いが見えている」場合もあれば、男性側の姿は見えずに
マイク(音声)だけの場合や、「タイピング」でやりとりする場合もあります。

もちろん、会話の内容は人・相手それぞれであり・・・

  • どれくらいお客さんがつくのか
  • どれだけリピーターを呼べるのか

こういった成果につながるための、工夫をどれだけできるのか
自分の努力次第で、収益(時給)が上がっていくシステムになります。

チャットレディの登録の仕方について詳しく

↓↓どこがいいか迷ったら登録するべき最大手代理店


チャットレディの収入

仕事を選ぶ際に、最も気になるのと言って過言ではないことが「お給料(時給)」であり
チャットレディに興味のある女性というのは、「稼ぎたい!」と思っている方が多いと思います。

実際に、チャットレディと言う仕事は「稼げる!」ということで
登録する女性が増えた背景があることは事実であり
時給3,000~、努力次第では5,000円~も狙える仕事です。

実際には「分給」と呼ばれる、チャットをした時間や
チャットした人数(1対1や、パーティー形式)によって収入は変わります。

ただし、これだけは間違いないことが

「キャバクラ(各種ナイトワーク)をすれば稼げるのは分かるけど、ちょっと・・・」

といった女性が、

  1. セクハラ
  2. ノルマ
  3. お酒の強要

といったリスクなく、同じくらいの高収入を狙えることです。

いずれにしても、一般的なアルバイト等では難しい金額を目標にでき
「お金を稼ぐ」という、モチベーションには十分につながるはずです。

花道案内人
ネットを介することで、リスクを抑えて稼げる時代に!

チャットレディの種類

チャットレディの業務内容には、

  • ノンアダルト
  • アダルト

という大まかなコンセプトに加えて、業務形態に関しても

  • 在宅型
  • 通勤型

と、2つの働き方があります。

在宅型チャットレディとは

現在、チャットレディの仕事の仕方として多くの方がイメージするものは
「自宅で」更に「自分のタイミングで」というものが多いと思われますが
まさにその、イメージ通りの業務形態が「在宅チャットレディ」になります。

在宅型チャットレディの「メリット」

自宅できるメリットとしては、何より<100%自分のペースでできる>ことです。

自分の本業が忙しかったり、「隙間時間に稼ぎたい」方にぴったりです。

<好きな時・働きたい時に働きたい>のであれば、やはり在宅型が向いています。

また通勤型に比べて、時給も高いことが魅力です。

在宅型チャットレディの「デメリット」

やはりなんと言っても、

  • パソコン
  • WEBカメラ
  • マイク

といった、機材を自分で揃える必要があります。

※ほとんどの運営会社に、レンタル・補助金の制度があります。

また機材の設定・トラブル等、自分で対処することが多いと言えます。

大手チャットレディサイトであればサポートスタッフが、存在するため
それほど心配はいりませんが、ネットに関するある程度の知識が必要です。

※最初のカメラテスト面接の際に、最低限の説明はあります。

ただし、こういった「ちょっとめんどくさい」ことこそが
「通勤より稼げる」理由でもあり、現在は「スマホでできるチャットレディ」も増えてきています。

自宅にインターネット回線を引いてなくても
スマホさえ持っていればできることもまた、便利な点と言えます。

>>「スマホだけ」でできるおすすめのチャットレディサイトはこちら


通勤型チャットレディとは

自宅ではなく「事務所」「店舗」といった、チャットレディの運営サイト側で用意した
専用の店舗でチャットレディとしての業務を行うのが、「通勤チャットレディ」です。

まさに「区切られたコールセンター」のような空間であり
自分の部屋を用意してもらえることからも、快適な状況で仕事ができます。

通勤型チャットレディの「メリット」

通勤チャットレディの、最大のメリットとしては
何と言っても、<パソコンを持っていなくてもパソコンでチャットできる>ということです。

もちろん、スマホでできる・スマホ専用のチャットサイトもありますが
やはりパソコンの大きな画面でチャットしたい、という男性側の要求は多く
また基本的には、パソコンを介したチャットの方が稼げると言えます。

仕事先とも言える店舗には、パソコン・椅子といった環境が整っており
「体だけ」通うだけで、チャットレディとしての業務がすぐにできます。

スタッフが常駐していることで、トラブルの対処の心配が少なくてすみます。

またアドバイス・情報交換がしやすいことも、メリットであると言えます。

通勤型チャットレディの「デメリット」

基本的には、「自由出勤」のカタチをとっていることが多いですが
ブースや機材等に限りがある場合には、自分の都合が優先されないこともあります。

また店舗の場所に関しても、やはり首都圏やその地方の繁華街に多いため
少し不便な地域に住んでいる場合には、現実的ではないこともあります。

交通の便が不便、近くに高収入の仕事がないからこそ
チャットレディの仕事に興味があるはずであり
また最終的には自宅で、という女性も多いようです。

<うまくやれば>非常に効率的に稼げる仕事

チャットレディの仕事をしている女性の中には、

  • 隙間時間を使って
  • ノンアダルト

で、「毎月30万円以上」稼いでいる女性も存在します。

  • ロスがない
  • 脱がない

という条件で考えれば、非常に大きな額と言えるはずです。

もちろん簡単なことではなく、努力や工夫が必要です。

しかしながら他の仕事に比べれば、一定額以上を稼ぐ他ため難易度が低い
またあらゆる「犠牲」が少なくてすむといった、全体としてのメリットは非常に大きいものです。