チャットレディの「年齢制限」とサバをよんでいい時とだめな時~「自分の年齢」に相応しいサイトでの働き方~

まず最初に。

「チャットサイト」の多くが、

「18歳以上(一般的な高校卒業年の年度末以降)」

という年齢制限を設けており、それを<証明>することができれば基本的に「全採用」です。

中には「20歳(の誕生日以降以上)」という場合もありますが、
現在では管理が徹底していることから、「高校卒業年齢」が1つの基準となっています。

また「人妻系」等では、そのコンセプトを守るために「24歳以上」の制限を設けています。

「労働基準法」においては、「15歳(中学卒業年の年度末以降)以上」であれば
「雇用してもよい」という仕事もあり、「高校生アルバイト」として働ける職場もあります。

また「中卒」であっても、フルタイムでしっかり雇用される仕事もあります。

しかしながら、「対人サービス系接客業」は少し事情が特殊です。

「18歳未満はしてはいけない仕事」とされています。

  • キャバクラ
  • ガールズバー
  • スナック
  • 性風俗

といったいわゆる「ナイトワーク系」であり、一応チャットレディも含まれます。

その他の許された仕事(コンビニやスーパー)に比べれば、

  • 年齢に相応しくない環境であることも多い(会話内容等)
  • ややリスクがある(社会経験の浅さから誘惑に負けやすい)

といったことは確かなことであり、「未成年を守る」という考え方によるものです。

世の中には「子役」といった職業があったりと、「労働関係の決まり事」は複雑です。

そのため、「仕事な内容が危ないから」というよりは
「絶対に法律にひっかからないために」ということを優先し、
チャットレディ業界は、「高校卒業年齢」という基準を設けているようです。

法律(条令)は変えることはできないため、こればかりは仕方がありません。

高校生は、残念ながらチャットレディにはまだなれません。

もう少し我慢しましょう。

「サバ」をよんでいい(よむべき)パターンとは

チャットレディの仕事において、<サバを読む>ことに関して

「年齢を詐称して応募する」

ということは、絶対にしてはいけません。

特に「18歳未満」にもかかわらず、<嘘をついて働く>という考えは持ってはいけません。

とは言っても、

そもそも、なることができませんが。

そのチャットサイトも、「年齢」と「身元」を確認できなければ「本登録」することはできません。

この辺のチェックは徹底されており、どうしてもなることはできません。

ただし、サバを読むことが「本当はよくないけど許される」ということもあります。

こと接客業においては、「よくあること」でもあるのです。

しっかりと採用された後であれば、年齢を含めて「ある程度の詐称」は許されます。

「ずっと25歳」といった女性も珍しくありません。

しかし、現代は「若い」ことが「無条件によい」という時代でもなくなってきてもいます。

「逆サバ」が流行っている業界

「熟女ブーム」は非常に長く続いており、今や「文化」や「ジャンル」として定着しています。

「おばさんがいい!」と、はっきりしている男性も多いのです。

「20代よりも40代」という男性は、決して珍しいものではありません。

熟女好きが増えたというよりも、多くの男性が「それ」を隠していたと考えられます。

そのため、サービス業全般(もちろんチャットレディ)に見られる新たな現象として
「29歳」であっても、「あえて30歳(三十路)」と申告する女性が増えました。

接客業に関わる多くの女性が、「オンナは若い方がオトコにウケる」と考えがちですが・・・

「真逆の場合」もある時代なのです。

それが結果的に、<売れっ子になる>ことにつながるのです。

つまり、より稼ぐための手段でもあります。

チャットレディは、「自分に合ったサイトを選ぶことが稼ぐ秘訣」に違いありませんが
それ以上に、「サイトに合わせる」という努力をしている女性も多いです。

チャットレディとして働くサイトを選ぶ際に最も大切なこと

「プロフィール」とは「あくまで設定」である

チャットレディは、1人1人「プロフィール」を設定することになります。

ニックネーム(源氏名)だけでなく、その他細かい部分も全て<設定>します。

「本当の自分」と「チャットサイト上の自分」を分けていいのです。

ある意味で、1人のチャットレディを演じています。

プロフィールの設定は、「基本的に自由」です。

本当のことだったり、作ったもの・別のものにする項目もあります。

その場合、「嘘はいけない」のではなく「嘘に忠実」であることが仕事です。

女性にとって「サバを読む」ということは、実年齢よりも若い数字を申告することでした。

それは「年をとるほど」にやってしまいがちです。

それに関して、罪悪感を感じることもあるかもしれません。

しかしそれをお客さんが信じて、お互いに納得した楽しい時間を過ごせればいいのです。

サービス業とは、「そういうもの」です。

「やさしい嘘」や「ステキな勘違い」はつきものです。

「彼氏の有無」や「経験人数」そして「離婚歴」といったことも、全て「相手次第」でいいのです。

現代は、そのサバ読みの技術が複雑化しているだけなのです。