1日だけ・短期間だけチャットレディの仕事をしたい~個人情報が心配だけど大丈夫?~

ライブチャット業界に興味のある方の中には、チャットレディの仕事を

「短期間だけ(ちょっとだけ)やってみたい」

という気持ちを持っている人も、少なくはないと思います。

その多くは、

本業にするのはちょっと難しい・・・

短期間で<サクっと>お金を稼ぎたい・・・

このどちらか、または両方であると思われますが
いずれにしても、そういった希望に沿えることもチャットレディのお仕事の魅力です。

限られた時間だけ働くことは問題ない

「超短期間である程度まとまった金額を稼ぐ」ということに関して、

「高収入の日払いバイト」としてもライブチャットのチャットレディはおすすめ

以上でも解説しましたが、チャットレディ(特にライブチャット)の仕事は
まさに条件を満たしている、おすすめの仕事の1つです。

特に、

稼ぎたいけど・・・

夜のお店(たくさん稼げるイメージのある仕事)はちょっと・・・

という女性は、ぜひチェックしてみて欲しいと思います。

一方で、

こういった点に関しては期待通りであると思われますが、いざ仕事を始める前には
「すぐ辞めても大丈夫なの?」と言うことに関して、心配している人もいるのではないでしょうか?

しかしながら、そういった疑問に関してはほとんど心配する必要はありません。

実際に、

一定の期間でサクっと稼いで、サクっと辞めたい

そう考える女性は多く、また実現できることでもあります。

「出勤」は自分の意志で決めることができる

チャットの仕事の最大の魅力は、「好きな時に働くことができる」という点です。

出勤する日も、稼働(出演)する時間も自分で決めることができます。

<通勤>で働く場合は、チャットブースの数の事情から
事前に「行きます」ということを伝える必要がありますが、
特に<在宅>で働く場合には、「働きたくなったから、働く」ということもできます。

それと同時に、「働きたくないから、働かない」ということも可能なのです。

1週間、1ヵ月、1年と、休む期間も自分で決めることができ
また「今後はもう働かない」ということも、自分で決定することができます。

ある程度人気のある女性であれば、「出勤して欲しい」というオファーはあったり
急に稼働が少なくなった際には、所属事務所や登録サイトから
「どうしました?」といった連絡はあるかもしれませんが、
ちゃんと事情(たとえ嘘でも「出勤しない旨」)を伝えれば問題ありません。

少なくとも、「出勤しろ!」と強制されることはありません。

自分の情報を「消してもらう」のも自由

チャットサイトに出演(稼働)している時間は、
「出演女性(チャットできる女性)」として、サイト上に表示されることになりますが
たとえ出勤していない時でも、「在籍女性」として情報は掲載されています。

この点について、心配している人も多いと思いますが
<辞める>ということを伝えることで、掲載は消去されるため心配はいりません。

そもそも、

  • 偽名(サイト上の名前)
  • 顔出しをしない

といったことも一般的であり、<個人の特定>は基本的に困難です。

特に当サイトで紹介しているような有名チャットサイトは、そもそも在籍女性が非常に多いため
「サイト内検索」をしなければ、なかなかピンポイントでは情報を見られないものでもあります。

プライバシー情報は厳重に扱われている

チャットレディの仕事を始める際には、「個人情報」を登録することになります。

これは「未成年(18歳未満)」や、「なりすまし」を防ぐためであり
また一般常識的にも、仕事に関わる人間の「身元」をチェックするのは当然のことでもあります。

しかしながら、特に「ネットのお仕事」ということもあり
このプライバシー情報の扱いに関して、気になっている人は多いようです。

チャットレディのリスクを理解して安全に働くために知っておくべきこと

ライブチャットの仕事における、基本的なリスクは以上で詳しく解説していますが
他の業界に比べてもしっかり管理がなされており、プライバシー情報は特に厳重に取り扱われます。

「個人情報の流出」といったことに関しては、むしろリスクが少ない業界であると言えます。

<出戻り>は珍しくない

一般的な稼ぎやすい仕事(ナイトレジャー関係)においても
短期間だけ働いて、<あがる>というのは珍しいことではありません。

ライブチャットの仕事に関しても、似たような傾向が見られます。

自分の「やりたいことの実現」のため、「ピンチ」の時だけ利用する人はたくさんいます。

一方で、「一度やめたけれど、もう一度やりたい」
チャット業界に戻って来る女性も、実は非常に多いものなのです。

いわゆる<出戻り>と呼ばれるであり、それ自体は珍しくありませんが
その際に「元の代理店(サイト)」なのか、別の場所なのかも悩むところです。

  • どうせなら同じサイト(事務所)で
  • どうせだから別のサイト(事務所)で

というのは、実際には半分半分くらい?であると言えます。

そしてこれは、辞める際の判断でも変わることです。

基本的に出戻りの可能性が少ないのであれば<完全に辞める>
・・・もし復帰するのであれば、心機一転して新しい場所にする

復帰の可能性があるのであれば<とりあえず長期でお休みする>
・・・在籍状態であれば、復帰の際の手続きが必要ない

いずれにしても、<自分の好きに>にできるものであり
迷っているのであれば、とりあえず一度働いてみることをおすすめします。