キャバクラ経験がある・聞き上手の女性こそチャットレディの仕事に向いている

チャットレディの仕事を検討している段階では、様々な不安があると思われますが
「自分にもできるかな?」という、向き・不向きに関して心配している女性も多いと思います。

世の名には様々な職業がありますが、
「接客(サービス)業」という業種には、向き・不向きがあることは確かであり
特にある程度<触れ合い>となる時間を過ごす場合には、より適正が試されることになります。

そのため、キャバクラ・スナックといった場所で働いている女性の中には
その仕事の核である、「お客さんと触れ合うこと」自体が苦痛となってしまい
心を病んでしまったり、お店をやめてしまったりすることも珍しくありません。

しかしながらライブチャットの仕事に関しては、<対面式ではない>という点で
上記の仕事と大きく異なるコンセプトであり、<少し負担が少ない>と言えます。

場合によっては「店舗勤務」よりも稼げる

「夜の世界」で働く理由・メリットというのは、第一に「お金」だと思われます。

もちろん、その仕事自体が好きでやっている女性もいると思われますが
やはり<稼げる!>ということに引き寄せられる女性は多いはずです。

事実、「ふつうのお仕事」よりは稼げることが一般的です。

ただし、それは「ある程度のストレス」と引き換えであることも事実です。

  • 苦手なタイプの男性に言い寄られる
  • 飲酒を矯正される(稼ぐためには飲む)
  • 同伴・指名のノルマがある

何よりも「目の前にいる」というのは、苦手なタイプの場合に<けっこうな苦痛>です。

これらは、そのまま「続けられなくなる理由」でもあり
そしてライブチャットの仕事には、こういったものがないのです。

だからこそ、

  • 続けられず辞めてしまった
  • 少し夜の世界を離れていた

「元キャバクラ嬢」の女性にこそ、ライブチャットの仕事はおすすめでもあります。

場合によっては、「対人」が「最もネックな要素」だったという方もいるはずであり
接客業の経験がある女性こそ、その経験を活かして稼ぎやすい仕事でもあるのです。

平行して働くことで効率的に稼げる

また「現役キャバクラ嬢」の方にも、ライブチャットのアルバイトはおすすめです。

  • 今日は外で接客する日
  • 今日はおうちでおしゃべりする日

と、2つのパターンを持っていることで気分転換にもなり
またどちらかがうまくいかない場合にも、どちらかで稼げる「リスクヘッジ」にもなります。

キャバクラやガールズバーの<掛け持ち>は、なかなか難しいことが多いですが
ライブチャットサイトと、キャバクラの掛け持ちであればそれほど難しくはないはずです。

またライブチャットサイトは「24時間営業」であり、<1日で両方>も可能です。

必ずしも「話題を振らなければならない」ということはない

また、チャットレディの仕事の特徴として「話をしかけなくていい」場合もあります。

キャバクラ・ガールズバーに関しても、その他サービス業全般も同じですが
そういったお店を利用するお客さん(男性)というのは、基本的に<触れ合い>を求めています。

しかしながら、ライチャットに関しては<話題をふる>ことが必要ないこともあります。

いわゆる「受け身」という姿勢であり・・・

キャバクラであれば「お前つまんねぇな!」と、怒られてしまうこともありますが
チャットサイトの場合には、お客さん自体がそれを求めている場合もあるのです。

そのため、「聞き上手」と言われる女性にも向ている仕事です。

もちろん、幅広い話題ができる・話術を持っていることに越したことはありませんが
相手の話に応える、ということが優先されることも多いのです。

「ニコニコうなずいているだけでお金がもらえる」

そんな甘い仕事ではありません。

しかし、それだけでお金を稼げてしまうこともあります・・・

お酒を飲む必要がない

ライブチャットサイトで働く際に、場合によっては最も大きなメリットかもしれない
チャットサイトならではのポイントが、「お酒を飲む必要がない」ということです。

キャバクラ等では、「お酒が飲めない」ということは非常に不利です。

  • 稼げない
  • 指名が貰えない

場合によっては、「なんで!?」と飲酒を強制される恐れもあります。

それが嫌で、働けない・続けられない女性も珍しくはありません。

「そういった心配がそもそもない」ことは、非常に魅力的なポイントであるはずです。

もちろん、<飲みながら>おしゃべりをすることもできますが。