チャットレディの仕事で扶養を外れてしまうのが心配?~稼ぎまくってしっかり確定申告をしよう~

チャットレディの仕事に関わらず、「収入」が発生した際には「納税」の義務が発生します。

厳密には、収入から「経費」を引いた額である「所得」に課税されることになりますが
特に女性が仕事をする際に、この税金に関する不安を抱える方が多い傾向があります。

まず最初に、納税は義務であり「ごまかそう」という考えはやめましょう。

特に昨今では「マイナンバー制度」等によって、お金の流れに非常に厳しくなっています。

たとえ悪気がないとしても、納税を怠っている状態が続くことで
「追加徴税」といった、利率の高い額を支払わなければならなくなります。

これはどんな職業でも同じことです。

そしてだからこそ、「扶養内で」と考える女性が多いのです。

男性に比べ、アルバイト・パートといった形態で働いていることが多い女性は
特に「扶養控除」といった、<線引き>を意識することが一般的です。

「扶養を外れてしまう」といった言葉に対して、敏感な方も多いのではないでしょうか?

結論から言えば、チャットレディの取り組む女性に関しては

心配するよりかは、しっかり稼いで、しっかりと納税するべき

と言えます。

<払う額が大きくて心配>という状況は、本来は素晴らしいことであり
特にチャットレディの仕事に対して、本気で取り組む際なら「個人事業主」を見据え
「確定申告」といったことまで、しっかりと意識しておくことが大切です。

チャットレディは稼がなきゃもったいない

そもそも、チャットレディの仕事をするうえでは
「扶養控除内で」という働き方は、非常にもったいないことであると考えましょう。

チャットレディは、一般的なアルバイト・パートとは異なり
「業務委託」という形態で、仕事をすることになります。

そのため、一般的な「103万円」というラインではなく

20万円(ライブチャットの他に収入がある)

38万円(収入はライブチャットだけ)

という、比較的低い額に設定されたラインを守る必要があります。

チャットレディは「稼ぎやすい仕事」であり、軽く超えてしまいます・・・

短時間で効率的に稼ぐのであれば、一定の金額を目標としてもいいと思いますが
より多くの金額、一般的な男性よりも多くの収入を得ることも可能な仕事です。

繰り返しになりますが、<扶養控除内でチャットレディ>は非常にもったいないです。

本来であれば、それなりの額を稼ぎ、しっかりと納税(確定申告)することがおすすめです。

これは主婦に限らず、今はまだ副業として取り組んでいるとしても
せっかくチャットレディの仕事をするのであれば、がっつり稼いで欲しいと思います。

↓↓一番稼ぎやすい入口はこちら↓↓


「主婦」が働く場合に注意すべきこと

とは言っても、

事情は人それぞれであり、特に<単身世帯ではない>場合には注意すべきことも多いです。

そしてこの問題で最も心配を抱えているのが、おそらく「専業主婦」であり
主婦としてのチャットサイトとの取り組み方が、この問題の主旨になります。

しかし、その答えは非常に単純であり

  • 扶養控除額を超えないように働く
  • がっつり・夫以上に・一家の大黒柱となるくらい稼ぐ

いずれかしかありません。

扶養控除内で稼ぐ

一般的な主婦が、パート・アルバイトで働く場合には
<103万円を超えてはならない>という、条件付きで働いている方が大半です。

月平均で約85,000円です。

<扶養内>ということは、基本的には<養ってもらっている>状況であり
それだけでは、生活することは一般的には難しい金額の範囲内に収めることになります。

103万円の他にも、「130万円」と「141万円」という壁がありますが
一般的には、103万円を超えないことを意識しておきましょう。

税金の問題は非常に難しいものであり、1ページではとても説明できません。

また家庭環境によっても、

  • 控除
  • 社会保険

等、様々な要素が影響するものであり
自分の税額だけでなく、配偶者・子供に対する保険料等も変わってしまうおそれがあります。

そのため、「控除内でチャットの仕事をしたい」のであれば
一番分かりやすい「安全な数字」である、103万円を守るべきと言えます。

また、「フリーター」や「学生」に関しても<親の扶養内>といった条件がある場合に
控除を受けたいのであれば、主婦と同じく一定の金額を守ることが必要になります。

>>国税庁HP「扶養控除」

何よりも、上記したように

扶養控除のラインは103万円ではない

ということを、忘れてはなりません。

専業主婦であれば、「38万円」なのです。

せっかくだからしっかりと稼ぐ

税金の問題は、

  1. お小遣い・へそくり程度なのか
  2. 本気なのか

という線引きでも考えることができます。

扶養控除内で働くのが最もリスクがない一方で、
せっかくチャットレディの仕事をするのであれば、控除が適用される額を軽く飛び越えて
家族みんなで贅沢できるような、まとまった額を稼ぐことを目標にすることも大切です。

【主婦・熟女歓迎】30代・40代の女性におすすめのチャットレディ求人サイトランキング

がっつり稼いで「個人」で生きられるくらいを目指そう

今現在の自分がおかれた環境がどうであれ、チャットレディの仕事をするからには
「ほどほどでいい」ではなく、ある程度の金額を目指すべきです。

実家に住んでいるフリーター、ずっと専業主婦だった女性
今はまだ<自分以外>に頼っている状況だとしても、自立を目指しましょう。

夫のリストラ・・・決して冗談では済まない時代でもあります。

またOLとして働いていて、ちょっとした副業で始めようかと考えている場合にも
しっかりと税金の仕組みについて、知っておくことが必要です。

そして、しっかり稼いだ後に必要となるものが<確定申告>です。

この確定申告がメンドウなために、一定額以上稼ぎたくない方も多いようです。

しかし、これこそが最ももったいないことなのです。

確定申告は、納税のためだけに必要なものではなく
日々の収入・経費といったものを把握し、節約・節税するための知識にもつながります。

結果的に、「お得な人生」を歩めるきっかけとなるものです。

そして、ぜひ意識してもらいたいことが<1年目から始める>ということです。

ついつい、「来年からでいいや」と考えがちです。

「どうせやるなら、最初からちゃんとやっておいた方がいい」ことも納税の特徴です。

今後、必ず実感するはずです。

心配している時間があったら稼ぐべし!

税金に関する不安を抱えている状況で、それがもし

  • まだ始める前である
  • 扶養を外れてしまうのが不安で始められない

という方がいるのであれば、ぜひ今すぐに始めましょう。

時間がもったいないです。

始めてみなければ、何も分からないのです。

<稼いだ後に考える>でもいいはずです。

「めんどくさいから、税理士に頼む」というレベルまで、頑張ってみましょう。