チャットレディは本当に稼げるの?効率的に稼ぐための秘訣は?~報酬を増やすためのサイト・時間の使い方~

チャットレディを始めようか迷っている女の目的というのは、
やはり「稼ぎたい!」という、お金に対するものが最も大きな動機であるはずです。

またどんな職業であれ、お金は間違いなくモチベーションにつながる要素と言えます。

そしてお金を稼ぐためには、「絶対に稼いでやる!」という気持ちが
何より必要なものであると言えますが、未経験の仕事が対象となる場合には
どうしても、「本当に稼げるかな・・・?」という不安がよぎることも事実です。

またチャットレディの求人情報等からは、<お金を稼ぎやすい>印象を受けるため
「怪しいんじゃないか?」という、感想を持つ方も少なくはないはずです。

結論を言えば、チャットレディの仕事は他の仕事と何も変わりなく
<稼ごうと思えば(努力・工夫)すれば稼げる>という、当たり前の法則が適用されます。

そして、チャットレディとして稼ぐためのその秘訣とは・・・
「努力(取り組み方)」×「時間(取り組める時間)」であり
これに関しても、他の仕事と何ら変わりないものと言えます。

自分に許された「時間」を有効に使う

チャットレディの仕事を、今から始めようしている
取り組んでいる女性の中でも、人それぞれ事情は異なります。

  • お小遣いを増やすための副業として
  • こっそりへそくりを作るため
  • 事情があって外で働けない

また、<チャットサイトに本気で取り組んで稼いでいきたい!>という女性もいるはずです。

実際に、「チャットレディ1本」で生活している女性
また、ある程度贅沢な生活を送っている女性はたくさんいます。

そしてその「属性」によって、最も異なる事情が「時間」であり
どの程度の時間をチャットサイトに避けるのか、ということによって
その人の稼げる金額が、変わってくることは事実です。

チャットレディの報酬は、「時給(分給)」という要素が大きく
<いかに長時間おしゃべりができるか>が、大きな鍵を握ることになります。

特に経験がない人・未熟な人が、できるだけ収入を増やすためには
可能な限り「働ける時間」を増やすことは、有利な条件になることは間違いありません。

「自分に許された時間」の中で最大限に稼ぐしかない

1日は24時間であり、誰であってもそれ以上使うことはできません。

時間の制約のある中で、いかにチャットレディの仕事に取り組めるかが
最大の鍵となるものであり、言うまでもなく「本業」として取り組んでいる女性は有利です。

「12時間以上ログインしている」ということが可能な女性は、
「1日1時間しかできない」という女性に比べ、より大きな額を稼ぐ可能性が高まります。

・・・というのは、あくまで「基礎的な法則」であり
もちろん、「取り組むことができる時間が全てではありません。

自分に許された時間の中で、最大限にパフォーマンスすることが
チャットレディの仕事に取り組む際に、最も大切な要素であり
短い時間でも、いわゆる「隙間時間」でも稼げることがチャットレディに醍醐味でもあります。

限りある時間の中でも「稼働」することが大切

1つの例として、

夫が仕事に行っている間に・・・という主婦の方は、チャットレディには多いケースです。

家事や育児といったことを考えれば、また「夫が帰ってくるまでに」という事情を考えれば
実際に働ける時間は「8時間以下」となりますが、8時間以上働いている夫よりも
より稼いでいる、2倍稼いでいる、という女性も実際に珍しくはありません。

つまり、<普通の会社で正社員として働く>という条件よりも
稼げる可能性があることは、間違いないものであると言えます。

もちろん、ただパソコンの前に座っているだけ稼げるわけではありません。

お客さんが付かないことには仕事ができない、という事情があるため
許される時間の中でお客さんが付き、尚且つ可能な限り長時間おしゃべりする必要があります。

「稼働時間」を、最大限にする必要があるのです。

「稼働時間」を増やす工夫をする

チャットレディとして稼ぐために必要なこととしては、
「容姿」や「会話」を含めて、「魅力的な時間」を提供することです。

かわいい・きれいが有利なことは確かであり、ジョークや知識も必要です。

そして、それに加えて大切なものが稼働時間であり
その人個人が抱えている事情によって、増やす工夫の仕方が異なるものでもあります。

まず「何がベストか?」と言えば、
もちろん、<常にパソコンの前でログイン状態を保つ>ということです。

しかしながら、上記した例にように「本業」でなければ、なかなか難しい問題であり
そうであるのであれば、やはり時間の使い方が大切になります。

自分にとっての効率的な時間の使い方を見つける

そしてこの時間の使い方に関しても、他の仕事を何ら変わりはありません。

どちらかというと、個人事業主(フリーランス)に近いと言えますが
チャットレディの仕事に取り組む際には、個人事業主としての自覚が必要です。

チャットサイトというのは、あくまで「舞台」を用意してくれるだけであり
仕事(お客さん)というのは、自分で<つかむ>ものです。

そしてフリーで仕事をしている人が、最も重要視するのが「時間の使い方」であり
<ログインできる時間で、稼ぎやすい時間を見つける>といった工夫につなげることが大切です。

「隙間時間」で稼ぐための条件

例えば、よく言われている<隙間時間で稼ぐ>ということに関して
実際には、全ての時間には適用できないものでもあります。

会社員の通勤時間をはじめとして、「お客さんの層」が働いている時間というのは
「仕事がお休みの人」といった特定のケースしか、需要がない場合があります。

逆に需要が増えるのは、「帰宅後」から「寝る前」です。

こういった事情を経験したり、予想することは短い時間で稼ぐために非常に重要なことになります。

>>隙間時間で稼ぐためにおすすめのスマホで始めやすいチャットサイトはこちら

「サイトの傾向」をつかむ

更に「チャットサイト」によっても、特に「コンセプト」によって
お客さんの傾向がわずかに異なるものであり、ある程度仕事をしてみることで
自分に合ったサイトを、見つけることも必要なことです。

そのためには、複数のサイトに登録してみることも1つの方法です。

複数のサイトでの、「同時待機」は禁じられていることも多いですが
「日替わり」や「一定期間」といった、ローテーションで試してみましょう。

>>複数のサイトから選ぶなら代理店契約の「ポケットワーク」がおすすめ!

「1日」でくくらないことも大切

最後に、1日は24時間ですが、1日単位で考えなければいけないわけではありません。

「1週間に1~2日、8時間待機する」でも、毎日1時間<空振り>するよりも
効率的な取り組み方であり、こういった稼ぎ方をしている女性もたくさんいます。

特に土曜日・日曜日は、休日の会社が多いという事情があり
その前日である「金曜日の夜」といった、「条件のいい日」だけ待機するのもありです。

より大きな報酬を得たいのであれば、「毎日」取り組むに越したことはありませんが
やはり<効率を最大限にする>ことが、最も重要であると言えます。