チャットレディはどんな人が利用するの?お客さんとはどんな話をするべき?

接客業を始めるにあたっては、それがどんな仕事なのか?ということと同時に
どんな「お客さん」がくるのか?そして、どう接することが正解なのか?が気になるはずです。

チャットレディ場合は、「チャット」とつく時点で
そのベースに<おしゃべり>があることは、多くの方が察することと思われますが

「じゃあ、一体どんな人と・どんな話をするのか?」

という疑問が、浮かんでくるのではないでしょうか?

チャットレディの仕事とは、ウェイトレスや、受付業務といった
短い時間の会話だけ終わるものではなく、<話し(接し)続ける>ことそのものです。

更に時給(分給)を稼ぐためには、できるだけ長い時間おしゃべりをすること
<間を持たせ続ける>ということが必要であり、それこそが「稼ぐための全て」とも言えます。

チャットサイトを利用する方というのは、そのほぼ全てが男性であり
その根底にある気持ちや、欲望といったものは女性には理解できない面も多いかもしれません。

しかしながら、可能な限り理解しておくこと・つかんでおくことによって
チャットレディとして働きやすくなるはずであり、何よりお金を稼ぐことにつながるはずです。

チャットサイトを利用するお客さんの傾向

チャットサイトを利用する男性の目的は、「女の子とお喋りしたい!」というものです。

非常に単純ですが、バカにしてはいけない基本中の基本です。

※アダルト・ノンアダルトでは、「目的の質」が異なりますが
ここでは、男性・女性ともスタートとして利用しやしい「ノンアダルト」を対象にします。

と言っても、その本質は様々であり

  • 寂しい
  • お喋りが好き
  • 疑似恋愛

という細かい理由は、その人それぞれであると言えます。

彼女・女友達がいない、でも女の子を会話がしたい。

こういった男性は実は多く、意外にも「都会ほど多い」ようです。

ひと昔であれば、そういった欲望を解消するためには

  • スナック
  • キャバクラ

といった場所に訪れるしかなく、またアダルトチャットを利用している方であれば
風俗店(見るだけのお店もある)といったものを利用するしかありませんでした。

男性にとっても、「いい時代」になってのです。

「本当は恥ずかしがり屋さん」が多いかも?

まだチャットレディサイトが知られ始めたばかりの頃には、

  • 「いわゆるオタク」が使っているのでは?
  • ネット上だけで話をするなんてヤバいんじゃないの?

という印象があったことは事実ですが。

しかしながら、蓋を開けてみれば登録女性・利用者の男性共に盛況であり
現在男性の間では、チャットサイトを利用していることは全く珍しくありません。

本当に「キャバクラ感覚」で利用でき、

  • キャバクラほどお金がかからない
  • キャバクラよりも気楽・手軽

といったことが理由で、利用者が急増しています。

更には、「キャバクラは緊張する」でも「本当は行ってみたい」といった
いわゆる「人見知り」の人でも、利用しやすい点がチャットレディの特徴です。

そのため、本来は「女性と話すのが苦手」という方が
奥底に持っている、「本当はおしゃべりしたい」という
欲望を満たすために、チャットサイトを利用していることも考えられます。

「お互いに気楽」ということが、チャットサイトが人気の理由でもあります。

だからこそ「気に入られれはより稼げる」

「本当は女の子とおしゃべりしたいけど、機会がない(作れない)」

そういった気持ちを汲み取り、相手を満足させることこそがチャットレディの仕事です。

そしてそれが<はまる>ことで、「自分のお客さん」を作ることができます。

新しいお客さんはもちろん、「リピーター」を捕まえてこそより稼ぐことができます。

それは、スナック・キャバクラも変わりません。

そしてその際に重要になるのが、「会話の内容」という
チャットレディの仕事の中で、最も大きな核となる要素です。

「ネタ」を作るのは必ず必要な「努力」の1つ

お客さんが来てくれたけど、何をしゃべればいいのか?

この問題に関しても、他の接客業と変わりありません。

最も相応しい話題は、「相手が話をしたいこと」についてですが
それはなかなか難しいことが現実であり、<話をふる>ことが大切です。

「お天気の話」といったことは、「つかみ」では無難かもしれませんが
それ以上<広げる>ということが難しく、やはり「ネタ」を持っていることが不可欠です。

実際には、相手が楽しめるものであれば何でもいいと言え

  • 好きなテレビ番組・映画
  • ハマっているもの
  • 今日食べたもの

と、無限に存在します。

話題の「数」と「質」のバランス

上記したように、お客さんの「属性」は様々であり
話を聞きたい・聞いて欲しい、ということも人それぞれです。

そのため、会話のネタに関しては、「種類」と「質」の両方を持っていることが大切です。

  • 話題をふる・ふらる
  • 掘り下げる・掘り下げられる

全てに対応できることがベストであり、チャットレディとして稼ぐために
また実際に稼いでいる人というのは、非常に話題が豊富な女性が多いです。

そしてより重要なことが、「チャットの終わり間際」であり
「また、お話したいな♡」と言うだけでなく、相手もまた同じことを思うような
リピーターとなって戻ってきてくれるような雰囲気を、「与えられた時間」の中で作ることです。