チャットレディのリスクを理解して安全に働くために知っておくべきこと

「チャットレディ」という職業は、少し「ピンク」な印象があることは確かであり
不安を抱えている、躊躇している、という女性は多いかもしれません。

実際には、<おしゃべりするだけ>から始めることができる仕事であり
「キャバクラ」や「ガールズバー」と、本質はほとんど変わりないものであり
何より物理的な接触がない分安全であり、<いかがわしさ>が軽減されていると言えます・・・

とは言っても、

やはり<ネットを介して>という点において、「危ない・怪しいのでは?」と思ってしまうことや
女性ならではの感覚・偏見、更に「世間体」といったことを心配している方は多いかもしれません。

また実際には、「全く・なんのリスクもない」とは言えないことも事実であり
だからこそトラブルを避けるために、知っておくべきこともあります。

リスクを考えればきりがないものであり、それはあらゆる職業において同じことですが
やはり「ナイトワーク」に近い部分がるという点から、リスク回避策を考えていきたいと思います。

「顔バレ」のリスクについて

まずは、多くの方が心配されている「顔バレ」に関するリスクです。

「チャットレディの仕事をしていることは知られたくない」という方も多いはずであり
人によっては、最も不安を抱えている要素だと思われますが
<探そうと思って探さなければ、基本的に見つからない>ものです。

チャットレディに登録している女性を見つけるためには
チャットレディのサイトに登録・ログインする必要があり
一般的なネットサーフィンでは、特定の女性を見つけることは困難です。

そのため、顔バレに関しては「偶然に見つかる」ことが基本的なリスクと言えます。

不意の顔バレが起きてしまう場合というのは、

  • たまたま知り合いが、チャットレディサイトを利用していた
  • パソコン(スマホ)の履歴を見られた

以上の2つが考えられます。

偶然というのは、なかなか避けることが難しいものになりますが
パソコンを人に触らせない・履歴を消去するといったことを、習慣にしましょう。

「同居人」がいる場合にリスクが跳ね上がる

また、<何より最も分かりやすいバレ方>と言えるものが
「実際にチャットレディーとして働いている姿を見られる」ということです。

1人暮らしであれば、心配のない内容かもしれませんが

  • 実家暮らし
  • ルームシェア
  • 同棲

といった状況の場合には、「発見」されるリスクが高くなります。

「もしも」を想定し、言い訳を考えておくことも必要です・・・

「顔出し」のいらないサイトから始める

「顔出し」をすることで、お客さんが付く可能性は格段に上がるものであり
また<サイト上では出す>という女性が大半と言えますが
どうしても顔出しをしたくない場合、顔バレのリスクをゼロにしたい場合は
顔出しをしない設定ができる、もしくは顔出しをする必要なないサイトを選択しましょう。

サイトによって、顔出しの有無や時給の設定関は異なりまますが
出さなくても問題ないサイトも多く、最初はそういったところから始めることもおすすめです。

>>顔出しをしなくてもいいチャットサイトはこちら

当然のことですが、基本的には「人に言わない」ということの徹底が大切です。

「できること(すること)」によって変わるリスク

チャットレディには、ノンアダルト・アダルトが存在しますが
あらゆる点で、アダルトの方がリスクが高いことは言うまでもありません。

アダルトチャットは<肌を見せる>という、最大の特性があるからこそ
そうではない・ノンアダルトチャット等に比べて、より稼ぐことができるものであり
その分あらゆるリスクが高いものであり、「身バレ」した際のリスクも当然高いものです。

またサイトを利用する側である、男性側の要求も過激なものとなるため
「どこまでできるか」ということを、予めしっかりと決めておき
「これ以上はできない」というラインを、明確にしておく必要があります。

リスクの大きさは「自分次第」で変わるもの

リスクは考えればきりがないものであり、
<防ぐことができない>というものが存在することも事実です。

例として、

女性が接客業と行う際に、不安に感じてしまう
典型的なものに、<男性に迫られる>ということが挙げられます。

最も多いものとしては、「外で会おうよ」というものであり
おそらく、誰もが一度は経験すると思われる典型的な問題です。

しかしながら、拒否をすればいいだけのものであり

「何があっても、プライベートの連絡先は絶対に教えない」

ということを、徹底しましょう。

実際には、強引に迫れらることもないため(触れないため)
リスクとは言えないものになりますが、「適当に焦らす」ということも
1つのテクニックであり、「あしらい方」を持っておくことが大切です。

「無理です」「ダメです」だけでは、そこでチャットが終わってしまうこともあり
チャット時間が短くなってしまう分、稼ぎが少なくなってしまうことも考えられます。

その際も安全を考え、相手を怒らすようなことは極力避けましょう。