自分の動画のライブ配信でお金を稼いでいきたいなら「ライブチャットサイト」を選ぶべき理由

「ビデオ通話」という機能が、当たり前のように簡単の利用できる機能となった昨今
「(ライブ)動画配信」を”ウリ”にしているメディアが、劇的に急増しています。

そして、それを”個人”が利用して、個人で稼ぐことが1つの”ブーム”でもあります。

「娯楽」であり、「職業」でもあるのです。

従来であれば、「自分が写っている映像」を商品とすることができるのは
それを売ることでお金を稼ぐことができたのは、「芸能人」くらいなものでした。

しかしながら、現在では基本的に”誰も”が同じことをできるのです。

ある意味で、誰でも芸能人になれる時代と言えます。

そもそも、芸能人とは何らかの「芸」を売っている人のことであり
それを売る方法として、テレビやラジオといったメディアが存在していました。

そのメディアを誰でも使えるようになっただけ、とも考えることができるのです。

個人がライブ配信できるメディアとして、「アプリ」や「サイト」が存在し
「サイトが作ったアプリ」が数多くリリースされ、日に日に身近なものとなっています。

しかし、だからこそ「前からやっていたよ」というメディアを振り返ってみて欲しいと思います。

「ライブチャット」とは”元祖個人配信メディア”とも言うべき、歴史のあるメディアです。

ライブ配信でお金を稼ぎたいのであれば、関らずチェックしておくべき存在でもあります。

特に、「報酬」にこだわるのであれば。

ライブチャットレディと「生主」は同じ仕組みでお金を稼いでいる

ライブチャットとは、<リアルタイムのコミュニケーションのやりとり>です。

そこで働いている女性(チャットレディ)がやっていることというのは、
いわゆる「生主」と呼ばれる、ネット上の有名人と同じことでもあります。

一部でしか知られない点で、”同じような存在”とは言えないかもしれませんが
視聴者(ユーザー)が支払うお金が報酬につながる点で、”ビジネスの仕組み”としては同じです。

不特定多数なのか、個人的なユーザーなのか、という違いしかありません。

「ポイント」を買って使ったり、「投げ銭」があったりと
報酬となる要素を稼ぐために、サイトが用意しているシステムも似ているものが多いです。

”より稼ぎやすい”のは老舗のチャットサイト

個人がライブ配信をする、ということ自体は簡単になりました。

しかしながら、それでお金を稼ぐことができるかどうか?ということは別問題です。

ただ、個人がプラットフォーム(アプリやサイト)を使って映像を配信していても
悲しいことに、「勝手に配信しているだけ」となってしまいます。

それでいいなら、問題ありません。

一方でお金を稼ぎたい場合には、実はかなり難しい問題となります。

PV(アクセス数)によって、配信者に広告料が支払われるサイトも存在しますが
その報酬率というのは非常に低いものであり、”相当な人気者”にならない限り
普通のアルバイトに比べても、”全然稼げない”という例がほとんどです。

「それで食べていく」というのは、正直現実的ではありません。

”普通のバイト以上に稼げているユーチューバー”

といった存在は、本当にごくわずかなのです。

特に「個人配信系アプリ」は、”かなり稼げない”のが現実です。

稼ぐためにハードルが高く、”そう”なるのは難しいと考えた方がいいと思われます・・・

一方で、「ライブチャットサイト」というメディアは
個人がしっかりお金を稼ぐための土俵が、しっかりでき上がっています。

ライブチャットの報酬だけで生活していく、ということが非常に現実的なものです。

※”スマホ”で取り組むならチェックしておくべき厳選チャットサイト

”稼ぐ方法”がたくさんあるから女性からも大人気!
老舗チャットサイト「ガールズバー」の解説ページ

”完全ノンアダルト”だから安心して取り組める
特に利用者の多い「ライブでゴーゴー」の解説ページ

2大”スマホ専門”サイト
「モコム」と「ファム」の解説ページ

ライブチャットサイトなら配信した分だけ確実に稼ぐことができる

”ライブチャットサイト”であれば、1人 or 数人のお客さんとを相手に
リアルタイムのやりとりをすることで、「チャット継続時間」に応じて確実に報酬が発生します。

何よりも、”サイト自体にすでにユーザー(視聴者)がついている”というのがポイントです。

自分でファンを<開拓>する必要がありません。

「ファンになってくれそうな人」というのが、すでに集まっている状態なのです。

ライブ配信業でお金を稼ぐうえで、これは非常に大きなメリットと言えます。

他の動画配信サイトに比べれば、圧倒的に稼ぎやすいのです。

お金を稼ぎたいなら、ライブチャットサイトを利用するべきであり
ステップアップのためにも、練習として取り組むことも有意義だと思います。

1人の相手を満足させられなければ、大勢から支持されることは実現できないはずです。

「スマホ1台で個人が個人的なライブ配信ができる」

というのは、少し前までは考えられないことでした。

かつて、”生放送”というのは「ケーブル」や「アンテナ」そして「カメラ」や「マイク」等
更に、それら機材の1つ1つにスタッフがついていなければできないもでした。

”家で一人でできるようになった”というのは、確かにすごいことです。

誰でも不特定多数に対して自己表現できて、人気者になれる可能性があります。

ぜひ、挑戦すべき時代であると言えます。

ただし、「それで稼げるのか?」というのは別の話です。

「趣味」なのか、「職業」なのか、というのはとても大きな違いです。

”ライブ配信”というジャンルで、もし本気で稼いでいきたいのであれば
歴史の長い「すでに視聴者の多いライブチャットサイト」を利用するべきと言えます。