チャットレディになる方法~募集サイトへの応募と登録の仕方~

チャットレディに”なること自体”は、非常に簡単です。

当サイトでも紹介している、「チャットレディのサービス」を提供している会社のホームページ上にある「求人ページ」アクセスし、応募するだけになります。

その際に必要な内容に関しても、簡易的なプロフィール情報をだけです。

とは言え、

それだけで、すぐにチャットレディの仕事を始めることができるわけではありません。

以上の段階では、まだ「仮登録」の状態になります。

身分証明書がクリアできれば、「登録」となるサイトもありますが、一般的には”もうひと段階”を経て、チャットレディとしてデビューすることになります。

ただし、それほど心配する必要はありません。

  • 女性
  • 18歳以上
  • 身分証明書の提出

以上の条件がクリアできれば、基本的に”全採用”です。

改めて、チャットレディとは超簡単に始めることができる仕事であると言えます。

ここでは応募~登録~デビューまでの過程を、掘り下げて解説していきます。

最初の一歩におすすめの「鉄板ノンアダルトチャットサイト」の紹介はこちら

チャットレディになるために必要なもの・条件

チャットレディとして働くために、と限定されるわけではありませんが
「女性ならではの接客業」に従事するためには、「身分証明書」が不可欠です。

これは主に「年齢制限」があるためであり、各社規定によりますが
基本的には、18歳以上(場合によっては20歳以上)であることが条件になります。

身分証明書は、どんな仕事をする際にも必要とされることが多く、チャットレディに限ったことではないため、心配ないと思われます。

↓↓最速でデビューできる業界No1代理店「ポケットワーク」↓↓
チャットレディするなら人気サイト「ポケットワーク」で

「面接」はある?どんなことを聞かれる?

何らかの仕事に就く際に、つきものと言える「面接」の詳細に関しては、「在宅チャットレディ」なのか、「通勤チャットレディ」なのかによって異なります。

通勤チャットレディであれば、事務所(店舗)での面接があり、在宅チャットレディであれば、「カメラテスト」とセットで面接をすることも多いです。

通勤であれば、店舗で用意された機材を使用することになり、直接説明を聞いた後に、仕事を始めることができますが、在宅チャットレディに関しては、面と向かった面接はできないため、その代わり、しっかりと映像・音声がつながるまでは仕事ができません。

また、仮登録以降の面接に関しては

  • チャットレディとしての経験
  • アピールポイント

といった、仮登録時よりも少し細かい質問があります。

とは言え、”基本的には全採用”のため安心してください。

この時点で、「サイト上の名前(いわゆる「源氏名」)」を決めることも多いです。

チャットレディーとして働くうえで、最も大切と言える、「会話のテクニック」ですが、一般的な受け答え(世間話程度)ができれば問題はないはずです。

在宅チャットレディを始める際に必要な、機材の購入に関しては、「補助金」や「レンタル」もあるため、確認してみましょう。

↓↓ハイスペックな中古パソコンは楽天No.1の信頼のお店で↓↓

またサイト上の操作方法等に関しても、サポート体制が整っていることが一般的です。
親切な女性スタッフのサポートを売りにしているサイトもあります。

↓↓女性のみで運営!安心の店舗型「アスタリスク」↓↓
抜群のサポート体制で評判。チャットレディサイトの「アスタリスク」

チャットレディに登録することによるトラブルは?

登録制の仕事をするうえで、最も心配なことが「個人情報の流出」と思われます。これに関しては「完全にない」とは言い切れませんが、それは一般的な企業も同じだと思います。最近は各サイト、店舗ともに特に注意しているようです。

また、「登録したら、怖い人に脅されて・・・」といったことは当サイトで紹介しているサイトであれば、心配ありません。

「ある程度有名」であること、「運営実績」があることは必須条件です。

また上記したように、「サポート」の質というのは非常に重要です。

だからこそ、”規模”があるサイト・会社を選ぶべきであり
働いている側からしても、また利用者からみても最も重要なポイントとも言えます。

<登録>は「終わり」ではなく「始まり」である!

言うまでなく、登録した段階では
まだまだ「チャットレディとして稼ぐための、最低限の第一歩」に過ぎません。

実際に、収益を手にするのはこれからです。

登録するだけで満足してそれ以降はないもしない、という女性は非常に多いです。

それだけ登録自体は、簡単であるとも言えます。

登録しただけで満足せず、ぜひしっかりと報酬を手に入れて欲しいと思います。